ローヤルゼリーと自律神経失調症

自律神経失調症とは、不規則な生活や習慣などによって体を働かせる自律神経のバランスが乱れることで起こる様々な不調のことです。
自律神経失調症の症状は体の一部が痛くなったり、精神的に落ち込んだりなど人によって様々です。遺伝体質、ストレスの感受性、性格などによって症状の現れ方が異なります。
自律神経失調症の原因はストレス、生活のリズムの乱れ、女性ホルモンの影響などです。

自律神経失調症を改善するには、マッサージ、アロマテラピー、カウンセリングなどでストレスを緩和する方法が一般的です。
そして、これらの対策法と併せて摂っていただきたいものがローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーには自律神経失調症に効果的な成分が含まれています。
その成分とはデセン酸とアセチルコリンです。
それぞれの成分についてみていきましょう。

まずはデセン酸です。
デセン酸とは脂肪酸の一種で、ローヤルゼリー特有の成分です。デセン酸は女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をします。デセン酸を摂ることでホルモンバランスが整いやすくなります。
つまり、自律神経失調症の原因のひとつであるホルモンバランスの乱れを解消することによって、自律神経失調症の症状を軽減させることができるのです。

続いてはアセチルコリンです。
アセチルコリンとは神経伝達物質で、乱れた自律神経を調整する作用があります。アセチルコリンは自律神経の働きを調節する間脳に作用し、自律神経の働きを正常に近づかせることができます。

ローヤルゼリーには、デセン酸とアセチルコリン以外にも自律神経失調症に効果的な成分が含まれています。
ローヤルゼリーにはビタミンやミネラルが多く含まれています。ビタミンやミネラルは神経のコンディションを整える作用があります。様々な成分の作用により体のコンディションが整いやすくなることで、自律神経を安定させることができます。

このようにローヤルゼリーには自律神経失調症に効果的な成分が多く含まれているので、ストレス解消法と併せて摂取してみてくださいね。